人間賛歌としてのグレース・ヴァンダーウォール

人間賛歌としてのグレース・ヴァンダーウォール

グレース・ヴァンダーウォール

彼女の歌は

まるで精霊が人間の肉体と声を持ち、

音楽をツールとして

 

声を出すことの楽しさ、

叫ぶことの楽しさ、

リズムに乗ることの楽しさ、

そういった歌うことで味わうことができる喜びを

ただただ ひたすら楽しんでいるようです。

 

熟練の歌い手のような、多彩な技術力を自由自在に使い分けながら

歌うことの喜びを押し隠すことも装うこともてらうこともなく、

子どもであることの特権である純粋なままに歌っているのです。

 

それは歌を歌えるという人間であることの賛歌であり喜びであり、

数多くの人々を救うに値する、美しく透き通った巨大なパワーです。