美しい言葉を

4月半ばから、デッサン、そして絵を描くことに専念しています。

それ以降、次第に本を読むことからも若干遠ざかってて、

読みたい本が積まれていく一方の状態です。

 

今朝、疲れが残っている体を起こしながら

なんとか朝を迎えて、

少し落ち着いてコーヒーを飲むとき、ふと、

 

「美しい言葉を」

と思いました。

 

そうして手にしたのが、本棚にあった

長田弘の詩集、「世界はうつくしいと」。

 

けれども、誰も、いなくなっったのではない。

みんな、ここにいる。大声で、わらっている。

若葉なす雑木林の、まぼろしのなかで。

「みんな、どこへいったか」より一節を引用

 

 

世界を、過剰な色彩で覆ってはいけないのだ。

沈黙を、過剰な言葉で覆ってはいけないように。

「二〇〇四年冬の、或る午後」より一節を引用

 

 

 

 

[amazonjs asin=”4622074664″ locale=”JP” title=”世界はうつくしいと”]