オープンワールドなるもの

オープンワールドなるもの

今の仕事場でゲーム機をよく手にするためか、(仕事上ね)

最近のゲームについて少しづつ知るようになってきました。

 

今月あたまに発売されたカーレースゲーム

The Crew

というゲームがありまして、まぁ、すごい。

 

昔のカーレースゲームといえば、

いくつかのコースがあって、そこを延々とタイムラップを競ったりしてたものですが、

最新のものは違うんですね。もう全く違う。

 

ただ、のんびりとドライブできるんです(笑)

 

しかもこれは「アメリカ全土」自由自在。オープンワールドゲームというらしいです。

(まぁもちろん現実のマップそのものの大きさではないようですが、

それでも約5000平方キロメートルほどの巨大なマップらしいです)

 

これ、やってみるとわかりますが、想像以上に素晴らしいですよ。

先月末に偶然ベータ版を触れたので少しだけやったのですが、

それだけでも、この自由さ、素晴らしい!って感動しました。

 

まだゲーム自体はやってないのですが、

このトレーラーの音楽が気に入ったので、アルバムを購入しました。

(いつゲーム買うんだ…)

 

Oliver Tank: Dreams – EP

[amazonjs asin=”B006C9D50A” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Dreams”]

トレーラーで使用されている曲は3曲めの「Last Night I Heard Everything in Slow Motion」です。

 

あと同じオープンワールドゲームでは、

カーレースでは南欧風の町や景色を舞台にしたForza Horizon 2とか、(こっちも欲しい)

Grand Theft Auto Vとか、その街の住人になってなんでもできるみたいなものもあるようです。