大した人ではない

「きみは大した人ではない」、と言われたら、どう感じるでしょう?

なんかとってもがっかりするかもしれませんし、

「あなたにそんな判断される覚えはない!」なんて怒り出すかもしれません。

 

最近Youtubeで見た、マドモアゼル・愛先生の動画のお話から、そんなことを思いました。

(お名前しか知らなかったとき、名前のインパクトから、化粧の濃いオバちゃんをイメージしてました笑
実際はこちら↓のような老紳士の方です。)

 

愛先生のお話が面白くて、時々拝見させていただいているのですが、

今回のこの「あなたは大した人ではない」というタイトルを見たときに

ドキッと、そして、なにかに引っかかったような感覚を覚えた自分がいました。

実際、だれかにこのように面と向かって言われたら、

自分だったらどう反応するだろう・・・(もちろん時と場合、シチュエーションなど色々あるでしょうが)

ちょっと不安定な気持ちになる自分がいそうです。

 

マドモアゼル・愛先生の動画では、自己愛性パーソナリティ障害の傾向に似た、

自分の特定のイメージ像に固執している人の苦しさについて、お話されています。

(自己愛性パーソナリティ障害の特徴として、簡単に言えば

「イケてる自分」だけしか認められない、認めたくない。という感じです)

 

自分の姿や価値を他人や外の評価にしがみつくのではなく、

ただありのままを認めて、受け入れること。

これって、自分の中にいろんな思いがあって、いろいろやってきて、

できたこと、できなかったことを含めて

そこから諦めるものには、ちゃんと諦めがついて、

今の現在地の自分を、そのままに、ちゃんと見つめることができるようになって

ようやく受け取れるようになるような、深い言葉です。

 

ありのままの自分の姿を認めること、

それを「地に足がついた」と表現することもできます。

地とは、

あれもできるだろう、これもできるはず、といった万能感にフワフワと占められた状態から、

実はそれはできなかった、これもできなかった、あれもできなかった、

という現実での結果をちゃんとみて、(そこで生まれた辛さや悲しい感情も)ちゃんと受け止めて、

それでもしっかりと、足元に残っていることに気づく場所。

 

ああ、それでも自分にはあれもこれも、しっかりとあるんだ、

とそれらに感謝の気持ちを抱く地点。

 

心の成長は何歳になってからでも、取り組むことで育て直しができるもの。だから、

「あなたは大した人じゃない」

そう、そんな大した人じゃないよ、と

朗らかに笑って、その言葉を受け取れるような人でありたいなあ、そう思います。