Sketch Diver

スケッチをご希望される方へ

ありがとうございます。

以下に要項をまとめましたので、

こちらをお読みいただいた上でご連絡いただければ、大変嬉しいです。

インタビュー・トーク

“Sketch Diver(スケッチダイバー)”によるスケッチでは、

スケッチを行う前のインタビュー・トークを大事にしたいと考えています。

このインタビュー・トークを通じて、

描く相手・対象となる方に深く潜るようにして寄り添って

心の本質の光を見つめることを意識しながら

ご依頼いただいた方のお顔を描きます。

現在インタビュー・トークはオンラインツール(Zoomなど)にて、

およそ30〜50分程度を想定しています。

インタビューでは、以下のテーマからお好きな題材を選んでいただき、お話を伺えればと思っています。

インタビューテーマ

  •  これまでの人生で美しいと感じた時間、もしくはシーンは?
    • それはいつ何をどのように感じた経験でしたか?
    • それを経験したことによって、どういう変化がありましたか?
  • つい時間を忘れて夢中になってしまうこと、もしくは経験は?
    • それはいつのことですか?いつからですか?
    • その時間/経験はあなたに何をもたらしますか?もたらしましたか?
  • 小さな失敗もしくは後悔で思い浮かぶこととは?
    • エピソードとその理由
    • この体験は、今のあなたにとってどのようなものですか?
  • もし会えるとしたら、どんな人に会いたいですか?
    • 小さい頃の友人、片思いだった人、または歴史上の人物など
    • その人に何を伝えたいですか?何を聞いてみたいですか?

これらのインタビューテーマは、

「どんなお話を聞くことで、その人がどのような人なのか、

相手の心の本質の光を見つめる方へ繋がることができるのか」

をイメージできるような題材として設定しました。

ご希望のテーマに沿って、お話を伺えれば嬉しいです。

もちろん抵抗があるテーマを無理に話していただくこともありませんし、

上記以外のテーマでお話したいことがあれば

ぜひお書き添えの上、ご連絡いただきたいと思います。

※ここでお話したことはもちろん個人情報として大切に取り扱い、他に他言することはありません。ご安心してお話いただける場を提供できるように努めます。

スケッチの題材

基本インタビュー中のお顔をスケッチの題材とさせていただきます。

ですので、カメラオフでのご参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

また、ネットワークの不具合等で画面が極度に荒かったり、

うまくスケッチの題材として獲得できない場合、

代替となる材料の提供をお願いする場合があります。
(写真もしくは別アプリでの撮影等)

スケッチの制作とお渡しについて

スケッチの工程はインタビュートークが終了してから、

一週間〜10日間程度の期間を目処に制作を行います。

(基本インタビュー中はお話を伺うことに集中したいと思っています。もしインタビュー中にスケッチを行うことがあっても、それがお渡しするものとは限らないことをご了承ください)

制作完了したスケッチは画像データ(JPG)にて、

メール等でお送りいたします。

補足:料金について

この“Sketch Diver(スケッチダイバー)”は

将来的に僕の生業の一つとしたいと考えていますが、

現在はトライアル(お試し・研究)期間として、

無料で提供させていただきます。

※期間終了の時期は未定です

なおトライアル中で制作されたスケッチは

個人利用としてご自由にご利用いただける他、

こちらのポートフォリオにて公開いただけること、

および、スケッチをお渡し後にお送りさせていただく

アンケートにご協力をいただければ幸いです。

ここまでお読みいただき、ほんとうにありがとうございます!

もしスケッチダイバーによるスケッチをご希望

もしくはご興味のある方は、

以下のContact(コンタクトフォーム)よりお気軽にお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。